離婚の相談(埼玉県川越市・東京都新宿区の行政書士法人)

離婚と年金分割

一言で言えば、婚姻していた間の年金を分割できる制度です。対象となるのは、平成19年4月1日以降に離婚された方です。

対象となる年金は、

・厚生年金

・共済年金

(=第2号被保険者)

であり、国民年金のみに加入している期間(第1号被保険者)は対象外となります。

分割には、「合意分割」と「3号分割」とがあり、以下のように分かれています。

 

1.合意分割

平成19年4月1日以降に離婚をした場合で、当事者双方の合意により按分割合が決められます(上限1/2)。合意に至らない場合は、裁判で按分割合を決めることになります。なお、平成19年4月1日前の婚姻期間中の厚生年金記録も分割の対象となります。

 

2.3号分割

平成20年5月1日以降に離婚をした場合、当事者間の合意なしに、平成20年4月1日以降の相手方の厚生年金記録を、1/2ずつ分割することが出来る制度です。国民年金第3号被保険者であった者からの請求によります。但し、相手方が障害厚生年金の受給権者である場合は請求できません。

 

①②とも、請求期限は離婚した翌日から2年以内となります。おおよその額の計算方法としては、請求する相手方の年金定期便があれば、そこに記載されている「これまでの実績に応じた老齢厚生年金額」又は、年金受給者であれば、「厚生年金保険基本額」から加給年金額を引いたものが分割の対象となる年金です。その金額に、「婚姻年数/加入年数」を乗じて得た額に、さらに、1/2乗じて得た額が、請求者の取り分(年額)となります。その間、請求者に厚生年金に加入している期間があれば、それを計算に加えなくてはなりません。

 

離婚した場合、分割で得られる年金額はいくらか。特に熟年で離婚される方にはとても重要な問題です。相手方が加給年金を受けている等一定の場合、65歳以降に離婚した方が年金額が増加するといったこともあります。

まずは一度、ウィズアス行政書士法人までお問い合わせ下さい。年金分割について、また、分割により得られるおおよその年金額等、丁寧にご説明いたします。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top