離婚の相談(埼玉県川越市・東京都新宿区の行政書士法人)

戸籍と氏について

婚姻すると、民法の定めにより、夫又は妻の氏を称することになりますが、離婚すると、結婚により氏を変えた方は、

①原則として旧姓に戻り(復氏)結婚前の戸籍に戻る(復籍)

ことになります(離婚後に子供を入籍させる場合、これは選択できません)。

その他に、

②旧姓に戻り、自分を筆頭者とした新たな戸籍を作る

③婚姻時の氏を継続して、自分を筆頭者とした新たな戸籍を作る

と言った選択肢もあります。

③の場合は、離婚の成立した日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」と呼ばれる書面を、結婚前の本籍地または所在地の役所の戸籍かに届け出る必要があります。

なお、3ヶ月過ぎてから、婚姻時の氏を名乗りたいと思った場合には、「氏の変更許可申し立て」を家庭裁判所に対して行うことになりますが、申し立てにより変更が認められるには、「やむを得ない理由」が必要とされるため、許可されない場合もあるということを考慮し、3ヶ月以内に届を出すのがベストでしょう。

 

子供については、原則、結婚時の夫婦の戸籍に残ることになります。

そのため、親権を得て子供を引き取ったとしても、子供と戸籍が別という事態が生じます。

子供の氏を同じにして同じ戸籍に入れたい場合には、子供の住所を管轄する家庭裁判所に、「子の氏の変更許可」を求める審判を申し立てる必要があります。

家庭裁判所の許可が出たら、許可審判書の謄本と入籍届を、入籍予定の本籍地の戸籍課に提出します。許可が下りただけでは未入籍となり手続きは完了しませんので、必ず、入籍届を市町村役場に提出してください。

当該申し立ては、子供が15歳未満なら子の法定代理人(親権者)、子供が15歳以上なら本人がすることになります。

なお、「子の氏の変更許可」の申し立てにより子供の氏を変更した後でも、子供が20歳になってから1年以内であれば、民法の規定により、家庭裁判所の許可を得ることなく、氏を戻すこともできます。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top