離婚の相談(埼玉県川越市・東京都新宿区の行政書士法人)

こんな場合に離婚できる!?

以下の様な場合、離婚できるの!?よく頂くご質問をまとめました。

性格の不一致の場合

お互いに納得の上、離婚をする場合は問題ありません。
しかしどちらか一方が離婚に合意せず、調停や裁判になった場合は難しいかもしれません。 性格の不一致は、法定の離婚理由ではなく、原則として裁判手続上では認められません。 しかし、この性格の不一致が、「婚姻を継続し難い重大な事由」となれば、裁判手続上の認められる場合もあります。

離婚の理由で一番多いのは、この「性格の不一致」です。

借金を免れたい場合

協議離婚は可能です。

ただ、借金のある一方からもう一方への過剰な財産分与は、 債権者によって取り消されてしまう可能性がありますので注意が必要です。

子が反対する場合

離婚は、当事者の合意と市役所への離婚届提出することで成立します。
あくまで夫婦間の問題で、気持ちの問題は別として、子の反対が離婚を阻害することはありません。

 相手が家事や育児に協力しない場合

双方が合意すれば離婚は可能ですが、調停離婚・裁判離婚は難しいかもしれません。
これも、「婚姻を継続し難い」とみなされるレベルであれば、認められる可能性があります。

性交渉に応じない場合

相手が性交渉に応じない場合、「婚姻を継続し難い」と認められる場合があります。
相手に体調不良など性交渉に応じられない正当な理由がある場合は難しく、逆に無理強いはDVとなってしまう可能性があります。

 犯罪を犯した場合

犯罪を犯したことのみをもって、直ちに裁判上で離婚はみとめられません。
服役が長い、犯罪を犯したことが報道され、家族生活に支障をきたす、 軽微な犯罪であっても反省せず幾度も繰り返すなど、「婚姻を継続し難い」と認められる必要があります。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top